moonlight serenade

☆待望の赤ちゃんを授かりました☆
 2010年1月に誕生予定です♪
*CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
*CATEGORIES
*SELECTED ENTRIES
*RECENT COMMENTS
*ARCHIVES
*PROFILE
↓音楽が流れますよ♪↓
.
プリザーブドのネットショップ始めました☆
.
リンク集


 width=




*OTHERS
*SPONSORED LINKS
<< ゼクシィに載りました | main | 猫顔な旦那さん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
6年間の願い叶う・続き



おととい一生懸命 続きの記事を書いていたのに、ちょっとした操作ミスですべてパーに・・・
もう打ち直す気力も体力もなく断念
昨日はつわりピークの再来か!?のような 気分の悪さで
一日ダウンしておりました。

というわけで 続きにはいりますネ


初めて卵巣のう腫がわかってから 2回生理が終わるのを待ちましたが
願いも空しく 大きさが小さくなることはなく、手術をすることが決まりました。
「比較的簡単だし、深刻な病気じゃないんだよ 」
と 先生は安心するよう言ってくれました。

卵巣にカプセルのようにくっついた腫瘍(水風船のようなものらしい)のみを取り除き、
卵巣はきれいに残しました。
子宮筋腫もそれだけを取り除きました。

卵巣のう腫を放っておくと、茎捻転を起こしたり
本来の大きさではなく 不安定な状態でぶら下がっているので
破裂して腹膜炎を起こす危険があるそうです。

卵巣は神経がなく、異常が起きても自覚症状がないので
結婚前のブライダルチェックを勧めているのも、
長期の新婚旅行中に 緊急事態を未然に防ぐため、というのもあるそうです。(雑誌で読みました)

子宮筋腫のほうは、とても小さくて 温存しててもよかったそうですが
ついでに切除することになりました。

その頃から 腹腔鏡術はありましたが、両方の細胞を採って検査もするためか
開腹術になりました。

やはり開腹術は 身体のダメージも大きく、また術後のICUの環境が劣悪だったため
(となりのベッドのおじいさんが、夜中じゅう騒いで わたしは眠れず夜中に個室に搬送された
あのときの辛さは忘れられないな〜

当時花屋さんで働いていたのですが、シフト制のローテーション。
店長はわたしの居ない1か月間休んでない・・・と聞けば、早く復帰しないといけない・・・?という
無言の圧力も感じて(代わりに未経験のバイトさんは入っていた)
はっきり言って、精神も体力もよく持ったよねー
振り返るたびに思います。
お店の近所の仲良しおばあちゃんは、元気になりなさいね と果物をたくさんくれたな・・・懐かしい

本当に手術は嫌でした。
わたしの精神状態は もう子供ができないんじゃないか、とか
あの子は婦人科が悪いのよ、と人に思われるんじゃないか とか 
かなりどん底で、
ま 先生からすれば「深刻じゃないんだし、将来は明るいのに」と
怒られるかもしれない悩みを 人知れず抱えていました。
もちろん、手術は今後の妊娠を可能にするためにするんですもんね
今思うとおかしな悩みですが・・・。

わたしは毎日泣いていましたし、両親にもずいぶんと心配をかけていたので
本当に申し訳なかったと思います。
特に母は、口にこそ出しませんでしたが、
わたしは生まれてすぐに黄疸が出て 母と一緒に退院できなかったことから始まり、
幼稚園から小学校3年生ころまで腰が悪くて 体育の授業を受けれなかったり・・・
ほかの姉弟に比べて 手のかかる子だったと思います。

だから、ずっと叶えたかった夢は
赤ちゃんを授かること だったんです。
昔から お母さんになりたかったけど、
病気を経験して よりいっそう、そう思うようになりました。

心配かけた分、両親に可愛い孫を抱かせてあげたい
ずっとずっと願って来たことが 叶いそうです。
健康で元気な子を産むために頑張ります
大好きな人の赤ちゃんを授けてもらえたことを
神様に改めて感謝したいと思います
長い文を読んでくださってありがとうございました

                        まこ

| 妊娠4ヵ月 | 08:39 | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:39 | - |